のんびり日記

お茶の美味しい季節になりました。

            わんこ(秋)

ずいぶんと季節が過ぎていきました。季節は秋めいてきております。
今年は、4月より茶道教室に通い始め、色んな事を学んだとても充実した半年を過ごしておりました。
その教室も全22回のお稽古が終わり、先日初めての「許状」をいただいてきました。
「許状」というのは、茶道家元から、これから茶道を学んでいいですよ、まずは順を追ってこの段階からね、と許してもらえる証の書状のこと。資格とは少し違うものです。

お茶8

最後の終了式では三具足と呼ばれる、花入れ、香炉、燭台、手前にはお茶とお菓子をお供えし、床の間の掛け軸は利休さんの絵が飾られました。利休様の前で、茶道お家元からの許状を受け取る、という厳かでうやうやしい雰囲気に少し緊張した私でした。

今後のことですが、私は少しづつでも茶道に触れていたいという気持ちがあり、今回許状を家元に代わり渡してくださった先生のお稽古場にお世話になりたいと思いました。「まずはお稽古場の見学にいらっしゃい」とおっしゃってくださったので、来週伺う事になりました。
そんな感じで、今後ものんびりと少しづつ茶道を学んでいけたらと思います^^

お茶6

お茶7

夏の猛暑の時期は、お稽古以外でお茶を点てることもなかったのですが、秋めいてきた最近では、自分でシャカシャカと抹茶を点てて飲んでおります^^きちんとしたお点前ではなく、ほんとにキッチンで抹茶をかき混ぜているだけなんですけどね^^;
このお茶碗は、可愛くとても気に入って衝動買いしたマイ茶碗ですお地蔵さまがなんともいえず、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。

この半年間を振り返ってみると、先生にいろんな事を学び、色んな注意を常に受けてきましたが、なにせ楽しかった、の一言に尽きる気がしています。好きな事をしているからなのかもしれません^^
自分なりのお稽古ノート(ほとんど雑記帳ですが・・・)も見ていると色んな事が思い出されます。

お茶2
お茶4
お茶3
お茶

なんせ、私のノートでは、絵が多いです^^;花入れや茶花と言われる植物は、ほんとに素人から見ても美しく、季節を感じるもので、毎回楽しみのひとつでもありました。掛け軸の言葉も、毎回「う~む。。。深イイ言葉だわ。。」と感心しきりでした。お菓子も毎回その時期にあった美しい和菓子で目でも楽しめました。

そして、来月より、着物の着付け教室にも通うことにしました^^「きものっ、きものっ、きものがきられる~」のCMでお馴染みの着付け教室です。せめて自分で着物が着られるようになりたい、という思いから通う事にしました。

若い頃は日本の伝統文化なんてまるで興味を示さなかった私ですが、歳をとったせいでしょうか。。。茶道の世界に触れている時がとても気持ちが落ち着くのを感じます。これからのんびりとゆっくりとお茶の時間を楽しんでみたいと思っている今日この頃です^^






素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?


スポンサーサイト

PageTop

お茶、楽しいですv(^▽^*)

茶道教室に通い始めて2ヶ月が過ぎました。飽きっぽい私は、そろそろ飽きてくるんじゃないかと、秘かに心配していましたが、。。。。。これが楽しい!きっと、次から次へと覚える事があるからなのだと思います。前々回より、柄杓(ひしゃく)を使った「薄茶平点前(うすちゃ、ひらてまえ)」というものを始めました。ド素人の私から見れば、茶道のイメージはやはり柄杓でお湯を汲む様子が思い出されます。

以前昼ドラで、旅館の大女将役の野際陽子さんが、自宅の和室で柄杓を使ってお茶を点てていた風景が思い出されます(笑)掛け軸は、前田利家の妻、「おまつさま」。大女将にとって、おまつさまは理想であり、目標であり、自分を振り返る場所となっているわけです。ピシッと着物を着てお点前をする姿は、ほんとに格好良くステキでした。

5月頃より10月くらいまでは下に描いた風炉(ふろ)釜を使ったお点前となるそうです。11月~4月頃は「炉(ろ)」の釜を使うお点前になり、炉の場合、お釜がスッポリ入るように畳を切ってはめ込むような形になるのだそう。

今回の教室は9月までなので、この風炉のお点前をみっちり、という感じなのでしょうね。
茶道稽古風景No4
今はまだ一通りの点前を行うのに、常に頭の中で次の動作を考えていて、先生から見ればものすごくぎこちないお点前だと思われます^^;なので、先日、家でも稽古場を想像して、なんちゃってお点前の練習をしてみました。

茶道稽古風景No3
お釜は普通の湯沸しのポットで、下に鍋敷きを敷いています。柄杓はもちろんないので、菜ばしで代用です・・・長さてきにこんなものかと^^;蓋置きはココット用の小さな容器で、水指は、もうないからそこにあるつもりで(笑)セットしてみました。
でも、家でやろうと思うと、こうやって、邪魔がはいるのです・・・^^;私の回りをくるくる回って、一通りニオイを嗅いで確認しないと気がすまない子がいるのもで。。。気が散って練習もできたんだか、どうなんだか・・という感じでした。

いよいよ、6月に入り、最近はジメッとした蒸し暑い日もある京都です。もう少ししたら、梅雨の時期突入、そして夏本番と、暑いの苦手な私には酷な季節となりますが、お茶のお稽古だけは頑張って元気に通いたいと思います^^

来月(といっても約2ヶ月後になりますが)は天使の娘も6歳の誕生日となります。心をズタズタに引き裂かれて、これでもかって言うくらい打ちのめされ、自信もなにもかも剥ぎ取られても、人にはちゃんと修復機能が備わっているんだなーと最近よく考えます。でも、完璧な元通りじゃないんです。私は子供の時から小さい子とか赤ちゃんとかをあやすのが好きで、図書館司書をしていた頃は、子供たちを集めて読み聞かせやイベントを企画したり、それが楽しかったのですが、ここ数年で、子供の遊んでいるときの甲高い声とか奇声が苦手になってしまいました。反射的に目を背けてしまうようになってしまいました。。。子供は可愛い存在なのですが、近寄りがたいというか、私には別世界の存在のようで。。。まだ修復の途中なのか、それともこの気持ちはずっと続くものなのかわかりませんが、もう少し今の気持ちから抜けたいな、という気持ちはあります。まぁ、なるようにしかならないのかな・・・^^;
さて、今年は、どんな風に娘のお誕生日を過ごそうかと、ぼちぼち今年も考え始めた今日この頃です^^






素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?



PageTop

茶道のお稽古始めました(イラスト入り)

この4月から、初心者のための茶道教室に通い始めました。流派は裏千家さんです。
ここ数年ですが、なんとなく「茶道」というものに興味を持ち始め、様子伺いをしていましたが、今回「よしっ!!」と教室の申し込みを致しました。

4月から9月まで、週1回のお稽古で、全22回の教室です。先生は2人いらっしゃって、女性の先生。なかなか充実した時間を過ごさせてもらっています。

すでに3回通いましたが、ここには書ききれないほど色んな事をやっております。頭が少々パニくり気味です。。。^^;そのごく一部ですが、イラストにしてみました。字が小さくてすこし見づらいのですが・・・。

茶道お稽古1

まだ茶道の「さ」の字も知らないド素人のお稽古風景と思って見てください。きっと40年以上も茶道を続けていらっしゃる先生からすれば、「忍耐」の一言に尽きると思われます^^;

茶道にはお辞儀の仕方にも「真(しん)」「行(ぎょう)」「草(そう)」と3種類のお辞儀があり、使い分けていかないといけないそうです。真はより丁寧な深いお辞儀、草は3つの中では軽めのお辞儀、行はその中間のお辞儀です。
挨拶に関しては「お点前頂戴いたします」「お先に頂戴いたします」「お相伴いたします」など、お茶を点ててくださった亭主に対してや、ほかのお客に対しての挨拶で、とにかくいろんな挨拶をしなければなりません。

でも、お辞儀にしても挨拶にしても当然と言えば当然の所作なんですよね。。。普段の生活で省略してしまっていることを、茶道という伝統文化のなかではきっちりと行うだけの事なのです。普段し慣れていない事をするというのはなかなか難しいものだと痛感しています^^;あ!挨拶し忘れた!とか。。。(笑)思うのと同時くらいに先生から「挨拶忘れてない?」と言われますが(笑)

まだ3回しか体験しておらず、これから少しづついろんな事を学んでいくのだろうな、と思います。とにかく2時間という時間の中では先生も7人の生徒を教えるのにフルスピードでお稽古をされるので、最後に掛け軸の読み方と作者、花と花入れ、花器を置く板、茶器、などの名称だけ教えていただき、家に帰ってから自分でネット検索をして調べるという事をしています。一応10時~12時までなのですが、時間オーバーもよくあり、しかも先生は1時半より2回目の生徒さんのお稽古が始まるのです。お昼の時間もあるのかしら?と余計な事ですが思ったりもしたり、今はゆっくりと色んな事を聞ける感じでもないのです。
でも、調べる事もまた楽しかったりします^^

来週はゴールデンウィーク期間となるので、お休みですが、再来週からまたお稽古がはじまります。楽しみでもあります。

先生は、結婚とかもあって、環境は変わったりしたけれど、茶道だけは40年続けてきました。茶道は金持ちの娯楽だという偏見もあったけれど、この時間だけは誰に何を言われてもゆずれない時間でした。茶道を通じて、自分も強くなれたと感じています。とおっしゃっていたのが印象に残った私です。
私の場合、まずは9月までの初級のお稽古を頑張ろうと思います^^

話は変わりますが、今年のGWは、旦那さんは9連休となり、何を思ったか、旅行をずっと勧められていて、しかも今まであまり行きたがらなかった海外なのです。ルビーを預ける事もあり、3日間だけなのですが、お隣の韓国に行くことになりました。もう日にちはあまりないのですが、まだ荷物の準備すらしていません^^;29日にルビーをホテルに預かってもらって、30日より韓国旅行に行ってきます。
飛行機の時間的には北海道に行くのと同じくらいの時間で韓国に到着、あまり海外という感覚はないのですが、私にとっては韓国ははじめての場所なので、楽しみではあります^^たった3日なんで、きっとあっという間だと思いますが^^;
夫婦2人で海外に行くのは、結婚してハワイに行った時以来です。海外に興味を示さなかった旦那さんが珍しく強く勧めた海外の旅、結婚10年記念の旅行だと思って楽しんできます^^

                    スーツケース





素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?




PageTop

茶の花を利休さんへ

茶の花
本日2月28日は、千利休居士の命日です。
「茶の湯」に興味を持ち、侘び寂び(わびさび)の世界を確立したと言われる千利休について書かれた色んな本を読んでおりました。
そして、昨晩、布団に入っていつものように寝る前に読んでいると、あれ?利休さんが亡くなったのって・・・今日じゃない!!(もう日付は12時をまわっていましたので。。)
たまたま、と言えばそうなんでしょうが、なんとなく千利休に傾倒していたここ最近の私にとって縁を感じたようで、そのことが嬉しかったりしたのでした。


上のイラストはフリー素材「花うさぎ」さんよりお借りした「茶の花」です。お茶の花ってこんな感じの花だったのですね。

実は、4月より茶道を習いに行くことになりました。裏千家さん主催の茶道の教室です。今からとても楽しみです。


                       こけだま







素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?




PageTop