のんびり日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歩こう♪歩こう♪私は元気ぃ?♪(トトロより)

      おさんぽ


とっても、とーっても久しぶりの更新となりました。気がつけば1月ももうすぐ終わります。

1月... ε=ε=アレ(;・д・=・д・;)アレ... ε=ε=2月。。。。。はぁ。。。

ここ数年、運動不足が原因だと思うのですが、肩が痛いヽ(`ω´*)ノ、背中が痛い (T△T)、腰が痛い (o●>_<)oとスカッとすることがなかった私。。。まぁ、自業自得なんですが、今年は年頭より、「まずは運動 ┌(;` ´)ノ!!」と抱負らしきものを掲げ、毎日夕方からルビーの散歩も兼ねて自然公園をぐるぐると歩いています。やっぱり、少しは歩く事に慣れてきたのでしょうか、ずっと痛かった股関節の痛みもなくなってきました。夜のお風呂には、入浴剤をたっぷり入れて、汗をかくまで体を温め、寝る時には温湿布を肩と腰に貼って寝ています。ガチガチに凝り固まっていた肩が最近ではほぐれて軽くなって楽になってきましたヽ(≧▽≦)♪続けなければ。。。続けなければ。。。と呪文のようにつぶやくこの頃です(笑)

毎日母ちゃんにつき合わされて、たっぷりお散歩三昧のルビーは、体力温存?か、家では一人私のベットでお休みあそばされております。呼んでもなかなか2階から降りてこない彼女なのでありました。でも、彼女の腹時計はものすごく正確で、お昼時と午後3時を過ぎた頃に、ちゃんと降りてきては「そろそろだよね?ねっ??」と言わんばかりの顔をしております^^;

       イラスト(雪の日のお散歩)

最近はほんとに寒い毎日で、時々雪が舞ってくる日もあります。シェルティは元々寒い地域で生まれたわんこですが、関西生まれで関西育ちのルビーはめったに雪を見ることもありません。お散歩中、急に強風に乗って雪がザーッと降ってきた時、久々にピンク水玉のレインコートを出して着せてみました。寒い寒い、凍えるような日でしたが、ルビーはなんだか嬉しそうにしていました^^

         ライン2

最近、また新しいお勉強を始めることにしました。新しいといっても、1年前までやっていたハーブコーディネーター関連で、ハーブの学習指導員になるための通信教育です。順調に終われば3ヶ月くらいで終わる予定です。

     P1010823(1)

また、楽しみながらぼちぼちとやっていこうと思っています。西国三十三ヶ所もまだまだ残っていますしね^^
さて、、、もう少ししたら、ルビーが2階から降りてくるはず(笑)今日は旦那さんが会社の飲み会で帰りが遅い日なので、晩ごはんの事も考えなくていいし、週末になるのでお弁当の事も考えなくていいので、のんびりゆっくりと時間をかけてお散歩に出かけようと思います
(*^▽^*)/


素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?


スポンサーサイト

PageTop

2011年になりました。そしてまた1つ歳をとりました。。。

2011年が始まりました。どんな1年になるのでしょうか。今年もとりあえず記事をUPしています。風の吹くまま気の向くまま(?)のブログとなりそうですが、どうぞよろしくお願いします   m(__)m

P1010808(1)

P1010805(1)

昨日実家の北海道より戻ってきました。北海道では車もないので、どこにいくわけでもなく、1度路線バスを利用して市内へ出かけただけでした。何よりたとえ車があっても、今では怖くてアイスバーンでスケートリンクのような道路を運転するのが出来ないような気になります。。。^^;歩いているだけで緊張するのに。。。

昨日、私はまた1つ人生の年輪(?)を刻みました。ほぼ1日がかりの移動で夕方に自宅へ辿りつき、とても疲れた誕生日でした。私の1年もどんなふうになることやら。。。です。

P1010821(1)

P1010822(1)

帰って来る時、六花亭の「チョコレートミックス」と、柳月の「三方六(さんぽうろく)」を買ってきました。どちらも昔からある帯広のお菓子ですが、今日、旦那さんもチョコを持参して会社に行きました^^
三方六はバームクーヘンですが、帯広の白樺の木をイメージしたお菓子です。年末、帯広の空港に降り立って、バスで市内まで行く道に、雪をかぶった白樺の林が続いているので、それを見たとき、ああ、帰ってきたんだな、と改めて思いました。なので、帰るときにはこのお菓子を買って帰ろうなんて考えていたのです。この三方六、時々無性に食べたくなります^^

     水玉ライン

ところで「星守る犬」というコミック漫画を御存知でしょうか。実家にいるときに買った本なのですが、なかなか物悲しいストーリーとなっていました。
この「星守る犬」の意味は、犬が星空をずーっといつまでも飽きもせず眺めている姿から、絶対手に入らないもの(星)を欲している様子を表しています。高望み、とでもいいましょうか。本には人間は生きていく限り「星守る犬」であるとありました。手に入らなくても、望み続ける、望むだけ空しいけれど、それでも望んでしまう、そんな生き物が人間であると言っています。
ストーリーは濡れ落ち葉の「おとうさん」とパートナーの犬「ハッピー」の命尽きるまでの2人きりの旅を表しています。なにやら今年映画化される?とのこと。お父さん役には西田敏行さんの名前がありました。今年の夏あたりが公開予定とのこと、楽しみでもあります。

   星守る犬

そうそう、話はまた変わるのですが、去年、言いたくても言えなかった事がありました。言えなかったのは正確には、ブログやHP等、ネット上などで言う事を禁止されていたからなのです。
というのは、去年1年ですが、裁判員制度の候補者として私の名前がリスト登録されていた事でした。でも結局去年1年で更にそのリストから実際に選ばれる事はなく、裁判所に呼び出しもなく終わったのですが、1年前にに送られてきた東京の最高裁判所からの詳しい冊子とDVDを見て、新しく始まった裁判員裁判の概要がわかり、一般市民が関わる実際の裁判の判決というものにより興味を持ったりしたものでした。
ランダムに選挙権のある一般市民から選ばれるので、どなたが選ばれても不思議ではなく、たまたま去年は候補者として当たりました。今年は旦那さんも、私もその通知はなかったのですが、またいつその通知が来るかもわかりません。実際に今年1年テレビ等でおもだった裁判員裁判の判決を見続けてきました。泣きながら「死刑」を選んだ裁判員さんや、「疑わしきは罰せず」で無罪となった判決に関わった裁判員さん、精神的にもきっと大変な事なんだろうな。。。と感じました。
実際の裁判員ならなおさらですが、候補者に選ばれても、他言はできません。これは裁判員の身を守る意味があるようです。やっと、1年間の期間が終わって、フリーとなったのでカミングアウトしましたが、去年1年でけっこうにわかではありますが、新しく始まった裁判員裁判の事を勉強させてもらった気がします。
よく、洋画なんかでは一般市民の判決などを見ていました。外国では当たり前に浸透してますものね。その裁判員をマフィアが買収したり、脅したり、なんていうシーンもよく見ました。日本の裁判員裁判もいずれそんなふうになっていくのでしょうか。。。ならない事を願うばかりですね。。。

P1010818(1)

ルビーもカミングアウトすることがあったようです。。。^^;今日、布団カバーを洗いました。。。


素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。