のんびり日記

茶道のお稽古始めました(イラスト入り)

この4月から、初心者のための茶道教室に通い始めました。流派は裏千家さんです。
ここ数年ですが、なんとなく「茶道」というものに興味を持ち始め、様子伺いをしていましたが、今回「よしっ!!」と教室の申し込みを致しました。

4月から9月まで、週1回のお稽古で、全22回の教室です。先生は2人いらっしゃって、女性の先生。なかなか充実した時間を過ごさせてもらっています。

すでに3回通いましたが、ここには書ききれないほど色んな事をやっております。頭が少々パニくり気味です。。。^^;そのごく一部ですが、イラストにしてみました。字が小さくてすこし見づらいのですが・・・。

茶道お稽古1

まだ茶道の「さ」の字も知らないド素人のお稽古風景と思って見てください。きっと40年以上も茶道を続けていらっしゃる先生からすれば、「忍耐」の一言に尽きると思われます^^;

茶道にはお辞儀の仕方にも「真(しん)」「行(ぎょう)」「草(そう)」と3種類のお辞儀があり、使い分けていかないといけないそうです。真はより丁寧な深いお辞儀、草は3つの中では軽めのお辞儀、行はその中間のお辞儀です。
挨拶に関しては「お点前頂戴いたします」「お先に頂戴いたします」「お相伴いたします」など、お茶を点ててくださった亭主に対してや、ほかのお客に対しての挨拶で、とにかくいろんな挨拶をしなければなりません。

でも、お辞儀にしても挨拶にしても当然と言えば当然の所作なんですよね。。。普段の生活で省略してしまっていることを、茶道という伝統文化のなかではきっちりと行うだけの事なのです。普段し慣れていない事をするというのはなかなか難しいものだと痛感しています^^;あ!挨拶し忘れた!とか。。。(笑)思うのと同時くらいに先生から「挨拶忘れてない?」と言われますが(笑)

まだ3回しか体験しておらず、これから少しづついろんな事を学んでいくのだろうな、と思います。とにかく2時間という時間の中では先生も7人の生徒を教えるのにフルスピードでお稽古をされるので、最後に掛け軸の読み方と作者、花と花入れ、花器を置く板、茶器、などの名称だけ教えていただき、家に帰ってから自分でネット検索をして調べるという事をしています。一応10時~12時までなのですが、時間オーバーもよくあり、しかも先生は1時半より2回目の生徒さんのお稽古が始まるのです。お昼の時間もあるのかしら?と余計な事ですが思ったりもしたり、今はゆっくりと色んな事を聞ける感じでもないのです。
でも、調べる事もまた楽しかったりします^^

来週はゴールデンウィーク期間となるので、お休みですが、再来週からまたお稽古がはじまります。楽しみでもあります。

先生は、結婚とかもあって、環境は変わったりしたけれど、茶道だけは40年続けてきました。茶道は金持ちの娯楽だという偏見もあったけれど、この時間だけは誰に何を言われてもゆずれない時間でした。茶道を通じて、自分も強くなれたと感じています。とおっしゃっていたのが印象に残った私です。
私の場合、まずは9月までの初級のお稽古を頑張ろうと思います^^

話は変わりますが、今年のGWは、旦那さんは9連休となり、何を思ったか、旅行をずっと勧められていて、しかも今まであまり行きたがらなかった海外なのです。ルビーを預ける事もあり、3日間だけなのですが、お隣の韓国に行くことになりました。もう日にちはあまりないのですが、まだ荷物の準備すらしていません^^;29日にルビーをホテルに預かってもらって、30日より韓国旅行に行ってきます。
飛行機の時間的には北海道に行くのと同じくらいの時間で韓国に到着、あまり海外という感覚はないのですが、私にとっては韓国ははじめての場所なので、楽しみではあります^^たった3日なんで、きっとあっという間だと思いますが^^;
夫婦2人で海外に行くのは、結婚してハワイに行った時以来です。海外に興味を示さなかった旦那さんが珍しく強く勧めた海外の旅、結婚10年記念の旅行だと思って楽しんできます^^

                    スーツケース





素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?




スポンサーサイト

PageTop

西国巡礼16番~清水寺~

そーいえば、西国巡礼って昔回ってたけど、まだやってたのねー。なんて言われそうなのですが^^;決して忘れたわたではなく、地味に、行ける時に行こうと思っています。

桜の時期も終わり、今はすっかり葉桜となっていますが、4月の10日、この日は8~9分咲きくらいだったでしょうか、お天気にも恵まれ、平日の火曜日でありながら、猛烈に混んでいた清水寺でした。

京都の清水寺と言えばバリバリの観光地、しかも桜の時期とあらば、当然の事かもしれません。平日だから、なんて甘い考えは通用しない事がよーくわかりました^^;

清水寺1

京都の駅前から市バスに乗ろうと思ったら、これまたバス待ちの人の列が延々・・・3台バスを見送り、4台目のバスにやっと乗れました。やはり、ほとんどの人が清水寺付近で降り、さらにその数十倍の人の列が、ありんこのようにわさわさとお寺へ向かって続いておりました。
清水寺へ続く登りの坂道「茶わん坂」で、京都らしいお店を見つけて思わずパチリ☆

清水寺2

やっと、正門まで到着。観光客でごったがえしの清水寺ですが、まぁ、着物率が高い!高いと言っても普通の京都市内から比べて、という意味ですが、この辺は着物を着せてくれるお店がけっこうあって、観光客さんがお着物姿でお寺を見学、という姿がとても多いのです。カップルで着物を着ていたり、外国の方の着物姿なんていうのもけっこういらっしゃいました。女性はもちろん華やかですが、男性の着流しなんて、なかなか素敵な感じです。

清水寺3
清水寺4
清水寺5

清水寺は、実は高校の修学旅行以来なんですよ・・・京都に来て10年になりますが、一度も行っていなくて、こんな感じだったっけ?と思いつつ景色を眺めておりましたが、絵葉書にある清水の舞台の写真、この景色と、音羽の滝(3本の清水が流れています)を見て、修学旅行の時の懐かしい写真を思い出しました。そうそう、ここに来たわ~高校生の時、なんて懐かしさに浸っておりました。
3本の清水、それぞれに飲む水で意味が違うと一般的には言われていますね。学生時代には「学業成就、健康、良縁」だとバスガイドさんに言われて飲んだのを覚えています。とある京都の料亭のおかみさんによれば、あれは「知恵、慈悲、利」の3本なのよ、とおっしゃるのです。でもお寺サイドの解釈としては、どの水を飲んでも同じ、3本とも諸願成就なのだそうです。飲む前にお願い事を思い描いて飲んでくださいとのことでした。

人の波に飲まれ、人疲れしつつ、一回りして、ご朱印も頂き、清水寺を後にしました。
実はこの日はお茶のお稽古初日で、午前中はお稽古に行き、ランチをして、午後からお寺に行ったのでした。ひさびさの京都でもあり、なかばヘロヘロとなった一日でもありました。

お茶のお稽古も1週間に1度、火曜日で、次回は3回目となりますが、覚える事が怒涛のごとくあり、でも知りたいこと、調べる事も楽しく、毎回出される美味しい和菓子や、お茶がとても美味しく、とても充実したお稽古となりつつあります。その事はまた今度、記事にできたら、と思います。

お茶のお稽古初日、和菓子では老舗の「京都鶴屋」さんの上生菓子を伊勢丹で見つけ買って帰ってきました^^ちょっと生菓子はお高いんですが・・・初日記念ということで^^ とっても綺麗なお菓子ですよね

和菓子(鶴屋)





素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?




PageTop