のんびり日記

老い支度

雨3 
関西が梅雨入りしました。雨は好きだけど、梅雨のじめじめ感はどうも苦手です。。。
先日、母と何かの用事で電話で話をしていた時のことです。どこか、旅行に行ってみたい、というような事を言っていて、何やら東北方面を見てみたい、との事でした。「自分で動けるうちに・・・」と老いていく自分のこれからを見据え、少しづつ準備、といいますか、支度をしているように思えました。
娘の立場としては、少し悲しい気持ちになりましたが、これは73歳になった人間にしかわからない気持ちなのかな、とも思います。私の年齢では、まだ「死」を身近に感じることは少ないですが、母の年齢になれば、自然と恐怖感などを感じる事もなく、そういう時期に入ったと感じてくるものなのかもしれないな、とふと考えていました。

私にとって、母親は一番の理解者でもあり、大切な存在でもあります。その母がいつかいなくなることは悲しい事ですが、自然の流れからいけば、私はいつか見送る立場となるはず。そうなんだけど、やっぱり考えたくないな、と思ってしまいます。
何か突発的な事があって、亡くなった人ならば、家族も、本人も無念だろうと思いますが、 母の年齢になれば、自分の死なども自然と考えるのでしょうかね。。。悲しいと思うのは残された家族、親に依存している愚かな娘(私の事ですが・・)なのかもしれませんね。
母はことさら病気の兄(私の)の事をきちんとしておきたいと言っており、私としては「えっ?そんなこと考えてるの?」と思うような事でも、これは母の息子への気持ちだから希望に添いたいと今は理解しているつもりです。 

色んな手続きや相談を経て、気持ち的に落ち着いてきた最近、「動けるうちに」と出かけてみたい、というのです。
私も時間が出来たら、母と一緒に東北方面にゆっくり訪れてみたいと思って、ツアーなどを物色しているところです。早ければ今年の秋くらいにいければな、と考えております。母にはまだ言っていないですけどね。
                                              雨2

「老い支度」という言葉がありますが、人はみんな平等に老いていくもので、私の年齢でも、少しづつ少し先の自分を想像しつつその都度「支度」が必要かも、と最近は考えております。支度というと大げさですし、そんなのつまらない!今を楽しく生きなきゃ!!と思うポジティブな思考も当然必要ですが、頭のどこかで、軽~く(笑)少し先の年齢の自分の事も考えておきたいな、とも思うのです。
私の叔父(母の兄)は2年前に病気で亡くなりましたが、病気を宣告されるまで、80歳を超えても元気でスキーをしたり、車で出かけたり、とにかくフットワークの軽い叔父さんでした。病気を宣告されてから亡くなるまでは2か月もなかったのですが、その間に妻や子供に出来る事や手続きをし、お墓の手配、自分の葬儀の予約、(予算や呼ぶ人なども)支払いも全て行ってから、入院し、あっという間に亡くなってしまいました。すごいな、とそんな気持ちになれるんだろうか、とも思いましたが、本人と話をしたわけでもないので、心の中まではわかりませんでした。
ともかく、私も平等に年齢を重ねて、いつかまた今とは違った気持ちで自分の生き方を選択していけてればいいな、と思います。

さて、まだまだ未熟な私の最近の「なんか、ちょっと嬉しい」ものです。

Its Skin

天使の羽が可愛くて衝動的に買ってしまった(笑)韓国コスメ「I’ts SKIN」のBabyfaceシリーズ。化粧下地のクリームとBBクリーム、ファンデーションです。
40代後半になっても、こんなんでモチベーションがちょっとだけUP修行が足りないようです・・・^^;





素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?






      


スポンサーサイト

PageTop