のんびり日記

桜色の季節

2ヶ月前の2月11日、珍しく、私の住む京都南部にこんなにも雪が積もった日です。

うわぁ。。。なんか桜みたい。」空気はめっちゃ凍えていましたが、そんなふうに思った私でした。

こちらで一般的に咲いている「染井吉野」の桜は、私の育った北海道の桜とは色が少し違います。北海道の山桜はもう少し色が濃く、ピンク色のイメージ。こちらの染井吉野は花びらの色が薄く、遠くから見ると白っぽく見えますね。なので、この雪景色が桜満開の景色と重なってしまいました。

P1010843(1)

そして、2ヵ月後(4月8日)、同じ道で撮った本物の桜の景色です。道路の色は春色ですが、枝の感じがなんとなく?同じに見えないでしょうか?

P1010876(1)

この写真を撮った日は曇りのお天気で、お昼頃から雨予報の日、午前中に急いでルビーを連れて来ました。なので、少し暗い桜の写真となりました。
でも、やっぱり桜はとても綺麗にポンポンに咲いておりました。日本人が桜をことのほか愛でる気持ちがわかるような美しい景色です。

P1010879(1)

P1010872(1)

1時間くらい朝のお散歩をした頃、ぽつり。ぽつり。と雨の粒が降ってきました。ルビーも少し温かくなったこの時期のお散歩を満喫しているよう(?)です。

P1010878(1)

美しいこんな景色を東日本でもいつか取り戻して、日本人の心の花、桜を見れるようになれますように。。。
きっと。。。ね、街は再生しても、色んな意味で人の心は元には戻れないかもしれません。戻れるとしてもものすごく時間がかかると思います。
家族を亡くして、全ての生活を奪われて、「悲しいのは自分だけじゃないから。。」と被災者のみなさんは気丈におっしゃってますが、ほんとはとっても辛く悲しい事だと思います。。。今は気丈に振舞うしか方法がないのかもしれませんが、時々は心も体も休めて、壊れてしまわないように。。。ただただ祈り続けていたいと心から思います。

P1010882(1)

ルビーとこうやって散歩の出来る事、当たり前の事じゃないんですよね。春の訪れを感じてお花見をして、家族や友達と語らって、笑って、泣いて、日々の何気ない幸せに感謝して生きていくことが私にはとても大切な事に思えてなりません。
完璧ではない人間だから、時々ブーたれる日も、泣き言を ウガァァァ!!!!! ヽ(`Д´メ)ノっと言いたくなる日もあるけれど(私だけか?)東日本の事、これからもずーっと忘れないでいたいと思います。

P1010866(1)

昨日の残りのシチュー、もう、ブロッコリーがポロポロになってしまいましたが、今日はお味噌汁代わりに旦那さんのお弁当に持って行ってもらいました。今日一日の幸せに感謝して。





素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今そちらでは桜が満開なんですね!こちらではもう葉桜になってきています。4月1日が職場のお花見でした。

ここ福岡にも、被災地から来た方がいらっしゃって、時折、その方々のためにこういう物をお持ちの方はご提供を、という呼び掛けがあります。そういう機会に、せめて不便なことが少しでも少なくなるよう、かなり微力ですが応援させていただいています。

私は異動になり、職場が以前より遠いところになりました。福岡県の宇美というところにある学校で、これで「うみ」と読みます。昔々はその名の通り「海」だったとは思えない、山あいの地域です。生徒は…女子がやたら元気がよくて、体位測定の時、体重測定担当の女子たちが「こっちの体重計ではかった人はみんな痩せた(数字が少なく出た)って言ってるよ~」とか「こっちで測ったらアタシの握手をおまけに付けるよ~」などと呼び込みをして、測定待ちのお客?の数を競っていました。横で私は大笑いでした。

年度初めで仕事量が多い上、変則的なスケジュールが続き、さすがに昨日は休みたい~と思いながらの出勤でした。でも、そんな中で起こるちょっと幸せな出来事に救われて、明日も何とかやっていこうと思えている気がします。美羽ママさんがおっしゃるように、日々の何気ないことの中に幸せがあって、それに感謝しながら生きていくと、きっとそれが積み重なって幸せな人生になる…そんな感じなのかもしれませんね。

みずたま | URL | 2011年04月16日(Sat)11:31 [EDIT]


みずたまさん、おはようございます(^-^*)/
4月は別れと始まりの季節といいますが、みずたまさんも新たな職場に異動されたのですね。お忙しかったでしょうね。
でも、なんだかコメントから良いスタートを切った感じがいたします(^-^)宇美ですか、九州は伺ったことがなくて、全くの無知ですが、昔は綺麗な海の景色が広がっていたのでしょうね。でも、地名ってよく考えると場所、場所にあったものが多くて、想像するのも楽しいですよね。
余談ですが、北海道の地名なんかはほとんどアイヌ語で、「川のあるところ」とか「水の湧くところ」という意味で名付けられたものばかりです。実家のある帯広は本来「オベリベリ」というアイヌ語の地名で、後に漢字をあてはめてちょっと変えた帯広となったみたいです。
それにしても宇美という地名、当て字?だとしても宇宙の美しさを連想する綺麗なネーミングですね。いつか九州へも訪れてみたいです
話はだいぶそれましたが、新しい土地での新たなご活躍をお祈りしています(^-^)
小さなハッピーにいつも気づきながらいれる自分でいたいなーと私も思います(^-^)

美羽ママ | URL | 2011年04月17日(Sun)09:57 [EDIT]