のんびり日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天使の娘と自分を重ねて想う

                        バラの花2

最近、よく思う事があります。
娘が天使になった当初、数年は 娘のイメージでその成長を想像してきたけれど、どんどん年月が経つと、想像しづらく、今現在、この世にいたとしたら娘は小学1年生なのだけれど、どんな会話をし、どんな性格になっていたのか、まったく未知の世界なのです。

冒頭の「よく思う事」なのですが、最近は、私自身が小学1年生の頃の事。それよりも幼い頃の覚えていることなんて、ほんとに少しで、小学校に入る頃になると、その「覚えていること」が少しづつ増えてきているせいかもしれません。こうやって、これからは、娘の年齢と、自分がその歳の事を重ねて見ていくことが多くなるのかな、とちょっと新しい娘を想う接点ができたようで嬉しい気持ちがします。

最近、思い出した小学1年生の頃の出来事があります。
担任の先生は男の先生でした。眼鏡をかけて、恰幅のいいやさしい先生でした。その先生は週に1回の割合で、学級通信を作り、学校での様子や時間割、給食、生活の様子など、いろんなことを書いていたと思います。小学校にあがった子供を心配する親御さんにわかりやすくいろんな情報を「学級通信(あすなろという名前でした)」に載せて配っていたのです。その中に親からの作文!?というか、想いなども時々載せることがありました。もちろん親の名前は伏せてありました。これは、ある週の学級通信の親の声です

         イヤイヤ        ブラッシング

『カバンもランドセルも、筆箱もいらない!!学校なんていきたくない!!と親を困らせていたあの子。新しい環境に慣れるのだろうか、と心配をしておりましたが、学校へ行き始めて1週間、家に帰ってくると、目を輝かせて今日は給食にアイスクリーム(クリームシチュー)を食べたよ。みんな美味しくておかわりしたよ。先生と同じくらいのパンパンのお腹になったよ。とその日あったことを嬉しそうに話してくれます。
どうなることかと心配したのが嘘のように、ほんとにホッと胸をなでおろしました。』

まだ文は続いていましたが、こんな内容だったのを思い出しておりました。そう、これは私の母親が書いた文章。だいぶ後になって、この学級通信を懐かしく読んでいた時に、・・・あれ、これ私の事かも。とすぐわかったのです。
田舎のちいさな小学校なので、1年生のクラスメートは男の子3人、女の子3人、計6人だけ。すぐに誰か想像できてしまいます(笑)

                  花2

そう。。。私の小学校1年生の頃はこんな子供でした。人見知りで、内弁慶で、でもたった6人しかいない同級生、みんな仲良しで、その中の一人の女の子とは今でも時々メールをしたりしています。

美羽もこんな感じの子供になっていたのかな・・・?そんなことを最近は想像するのです。

       天使(ライン)2

話は少し変わりますが、私が「お菓子作り」に興味を持ったのは、小学校の頃だったと思います。
父親と本屋さんに行き、お菓子の本を買ってもらったのが、私にとって初めてのお菓子のレシピ本だったように思います。
そんなことを最近考えていて、その本のタイトルも忘れてしまっているけれど、なんかどうしても探したくなり、検索しまくりました。
本は、「不思議の国のアリス」とか「白雪姫」「赤ずきんちゃん」など、童話の物語の中に出てくるお菓子ばかりをのせてあるものでした。本の中に出てくるお菓子たちはどれもとても美味しそうで、興味がそそられ、目を輝かせて読んでいたように思います。
あと、覚えているのはそのレシピ本に出てくるイラストが、外国人が書くような絵(よくわからないですよね^^;・・・)だったこと、それだけです。
                         女の子6

もし、娘がいたら、興味があったかなかったかわからないけれど、ママが小学生の時に出会った「お菓子の本」をプレゼントしたいと、なんとなく思ったのです。

最近はあまりお菓子を作らなくなりましたが、基本的にお菓子作りは好きです。娘の誕生日もあと2か月もすればやってくるし、そのレシピ本があれば、何かそこから作ってあげられないか・・・と思ったのです。

探しに探して、やっとそれらしい本を見つけました。もう廃版になっていて、古書扱いの本ですが、アマゾンにて見つけ、出品者のかたから購入することができました。1978年発行なので、時期的にはビンゴ☆です。
商品が到着するのを心待ちにし、先日やっと届きました。
中身を見て、確信したのです。100パーセント間違いない!これだ。ひとつひとつの写真のお菓子は、遠い昔見たお菓子たちでした。懐かしくて、嬉しくて、この本を探してよかった、と心から思いました。

お菓子作りが好きになったきっかけの一番最初の本。私にとっても父親に買ってもらった思い出の本です。この本を娘がいたら見せてあげたかったな。。。

お菓子の絵本

お菓子の絵本1

お菓子の絵本2

お菓子の絵本3

お菓子の絵本4

お菓子の絵本5

7月の娘のお誕生日には、なにかまたお菓子を作ってあげようと思います^^







素敵なサイトがいっぱいありますよろしければ( *´▽`)σ■ポチッっとどうぞご覧あれ?



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんわ

夜分に失礼します。つばきです。

「わあーこの人参のケーキ、めっちゃ見覚えある~」
と、思わずつぶやいてしまいました(笑)
この本、うちの実家にありました!!母の本です。
私は、動物図鑑や家庭の医学(笑)がもっぱらの愛読書だったんですが、お料理好きの妹がよく見ていました。
料理上手の母の影響で、妹はとっても料理好きなのですが私は苦手で・・・。特に計量の必要なお菓子の部類は全然ダメなんです(*_*) いつも食べるのが専門でした。

妊娠中は色んなこと考えましたね~。
習い事はピアノとそろばんと英語。料理はばあちゃんの遺伝子を継いでほしいな~とか。夢はふくらむばかりでした。色々してやりたいことあったんですけどね。
今は本当に未知の世界です。
想像するのって難しいですよね。つい自分の都合のいいように超よくできた子を想像してしまいます(^o^)

今年七回忌なので、何らかの区切りをつけたいと思っているのですがそれさえ現実味を感じずにいます。
ときどき、「私っておかしいのかな?」と思うこともありますが美羽ままさんのつぶやきに安心させられています。時間薬が効いているのだといいほうに考えるようにしています(笑)

またおいしそうなお菓子のアップ楽しみにしていますね。ではでは☆

つばき | URL | 2013年06月03日(Mon)00:05 [EDIT]


つばきさん、こんばんわ^^
お母様も、このレシピ本を持っていらっしゃったのですね~♪人参のケーキ、マジパンで作ってあって、子供の頃これかわいい~♡と私も目が釘付けになりました^^
もう亡くなりましたがこの本のお菓子を作っていらっしゃる料理研究家の入江麻木さんって、いろんなお菓子や料理のレシピ本を出されていて、当時よく見る名前だったな、と思い出しておりました。
俳優の小澤征悦さんのおばあさんだそう(これは最近知りましたが。。。)
私も分厚い「家庭の医学書」とか見ていましたよ(笑)でも読むというか、ちょっと具合の悪いときに何の病気だろう・・・って見る程度でしたが(笑)

今年七回忌ですか。時間は過ぎてみるとあっという間にも感じますね。うちも去年が七回忌でしたが、特に何もせずに終わりました。実家の母から、美羽ちゃんの七回忌だから、何かに使ってとお香典を送ってくれましたが、それだけでした。何もしないけれど、覚えていてくれるのって、やっぱり嬉しいものですよね。周りから見れば一般的な「亡くなった人」にすら数えられていないようです・・・仕方ない事かもしれませんが。。。
まぁ、でも私が覚えていればそれでいいか、と思っています^^
麻ちゃんはちょうど1年違いくらいでしたよね。同じ夏生まれ、親ばかかもしれませんが、天使ママの負け惜しみ(!?)で、私たち親の中では最高に良くできた親孝行のいい子ちゃんですよね~^^(笑)
去年はサーティワンアイスでお祝いしましたが、今年は簡単なケーキでもまたぼちぼち作ってみたいと思っています^^
コメント、ありがとうございました♪

美羽ママ | URL | 2013年06月03日(Mon)19:26 [EDIT]


お久しぶりです

ご無沙汰しています。お元気ですか?
美羽ちゃんも、来月で7歳ですね。健太郎も、5歳になります。今になってみると、早いな・・とちょっぴり寂しく思います。だって、健太郎の成長した姿が想像できないんです。いつまでも、小さな17週のケンちゃんのまま・・
でも・・・実は、昨年 男の子を出産したんです。重ねちゃいけないってわかっていても、顔が似ているので、つい・・
いろいろ考えちゃって・・
私は、この子に何かしてあげたり、買ってあげる時に、健太郎にもしてあげたかったな・・と、つい思ってしまいます。
天国の我が子と一緒に・・は叶わなくても、想いは届いていると信じたいですね。

とめ | URL | 2013年06月12日(Wed)22:56 [EDIT]


とめさん、お久しぶりです^^
どうしていらっしゃるかな~と思っていました。
でも、なんとなくご出産の予感はしてましたよ^^
妊娠から出産までの不安や想いはきっととても複雑で大変だっただろうな、と想像しています。小さい赤ちゃんを育てるのもどんなにかしんどい想いもされてこられたんだろうな、と。
でも、良かったですね^^ほんとに、ほんとにおめでとうございます。
子供ができなければ、ご主人と二人の生活でもいいとおっしゃっていたとめさんをふと思い出すと、良かったなーとしみじみ思います。
健太郎君を大切に想い、ほたるちゃんを想い、たくさん泣きましたもんね^^
私ととめさんのこれからの生活スタイルは別れましたけれど、私も私にしかできない人生を見つけながら頑張りますね^^
今日は、猛暑の京都でしたが、茶道のお稽古に行っておりました。ヘロヘロに疲れましたが充実しています。
時々は、娘の事も大切に想い返しながら、親子の時間を持てたらいいなーと思います。
地上には私が産んだわけではないですが(笑)わんこのルビーもいますし^^
これからまだまだ暑くなりそうですが、お体ご自愛くださいね^^地上の天使君が健康で元気に育ちますように^^♪

美羽ママ | URL | 2013年06月13日(Thu)20:37 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。