のんびり日記

わんこたちの事。。。

わんこ9
なんだか今日は、昔、私が高校を卒業するまでいた田舎の実家で飼っていたわんこたちの事を思い出していました。わんこたちという事で、幼い頃からうちには常にわんこがいた気がします。。がつくほどの田舎なので、わんこに首輪を着けることもなく外で好きなようにさせていました。なので、しょっちゅうどこかに遊びにいって帰ってこなかったり、でも、そのうち帰ってきてごはんを食べたり(笑)そんな自由なわんこたちでした^^もちろんお金を出して買ったわんこではなく、子供を産んでまたうちのわんこになる、という、ある意味自然な流れだったのかもしれませんね。

いろんなわんこがいました。みんなそれぞれに思い出があって、可愛いわんこたちでした。ムクというふわふわの白い長い毛のわんこ、いつも私が学校に行くときに、途中までついてきて、一定のところまでくると、家に帰っていくわんこでした。私を見送ってくれていた?のかもしれません。そのわんこは私の目の前で大型トラックにひかれてしまい、亡くなってしまいました。。母とムクを迎えに行き、車に乗せて家の側に埋めてお墓を作ったのを思い出します。。悲しい思い出です。。
        ムクはこんな感じのわんこでした       ムク

            1ライン(冬)

そして、ちょうすけという見た目はボーダーコリーの雰囲気のオスのわんこがいました。変な名前が多いですが^^;我が家のわんこはなぜか母が名前をつけていました。「しろ」とか「よたろう」とか(笑)そんな名前ばかりです^^このちょうすけ、私が小学校の頃生まれた犬でしたが、私が学校に行っている間に捨てられてしまったわんこでした。。あんな小さい子、すぐに死んでしまう。。わんこを捨てるじいちゃんなんて大嫌い!!泣きながら過ごしたのを思い出します。。そして、捨てられてから1週間後くらいに当時真冬で雪もかなりあったのですが、捨てたという場所あたりまで午後から歩いて行ってみたのです。もう生きているはずはない。。そんな気持ちでしたが、なんと、「ミーミー」という小さな声!必死で雪の中を探しました。そして、見つけたのが「ちょうすけ」だったのです。すぐに私のセーターに入れて体を温めて、まだ他にかすかに聞こえる声も必死で探しました。でも冬の日没は早く、周りは薄暗く。。母も心配して探しにきてくれ、結局その後わんこの声は聞こえず、母とちょうすけと家に帰ったのを思い出します。。母は何もいいませんでした。そして多分事情を知っていただろう父も何も言わずそのままちょうすけは我が家のわんこになりました。でも、私と母以外の人間に全く近づこうとしないちょうすけ、怖い思いをしたので、人間が信じられなったのでしょうね。。
わんこ8
そのちょうすけ、とても忠実で、1キロくらい離れていても大きな声で呼ぶと、全速力で走って帰ってきます^^父や母の働く畑までついていって、遊んでくる事もあったようです。
私が22歳の時に父が亡くなり、母と2人暮らしの中でもちょうすけは癒してくれる存在でした。でもある時から2週間くらい家に戻ってこない日がありました。。2週間も戻ってこないなんて、きっと野犬狩り(首輪もつけていないし。。)にでもあったのかもしれない。。そんな事も考えました。
でも、ある日の夜に玄関先から「ワン!ワン!!」という大きな声、見るとちょうすけが玄関にいました!まさに、「帰ってきたよ!!」と言わんばかりで、ほんとに玄関先からドアを開けるのを待っていたかのようでした。母も私もすごく喜んでその日は寒いからと玄関に無理やり?入れご飯をあげましたが、食べないんです。。そして一晩、次の日外に出してあげると、それっきり、ちょうすけが我が家に戻ってくる事はありませんでした。。最後に、顔を見せにきてくれたのか。。家族でもできたのか。。きっとちょうすけも守るものが出来たんだね。。そう思う事で、死ぬ前の挨拶とは思いたくなかったんだと思います。(よく、わんこは飼い主に死ぬ姿をみせない、と言いますよね。。)その後は全くわかりません。。
         ちょうすけはこんな感じでした^^ ボーダーコリー

家の中でわんこを飼うのはルビーが初めてですが、ルビーの無邪気な安心しきった寝顔を見ていると、箱入り娘?だなぁ。。^^;と思うのですが。。せっかく生まれてきた命、父ちゃんと母ちゃんの家にきて、ほんとによかった。。と思えるような一生を送ってほしいなぁ。。^^って思う今日の私でした。そう思われるように飼い主も努力しないといけませんね

              1ライン(冬)

さて、今日の晩ごはんは先日安売りで買った「赤魚の煮付けと白菜と豚肉のさっぱり煮です。今日はのばんごはんです^^

赤魚の煮付け 白菜と豚肉の煮物
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ワンコファミリーですね★

美羽ママさんのご実家には昔からワンコちゃんがいたのですね~。私の実家も思えば私が小学校低学年の頃からワンコやワンコ+ネコが居ました。結構、私が仔犬や子猫を拾って来て飼いはじめた子が多かったですけどねv-290私が中学生の時にダンボールに入れられて木の陰に繋がれてたジョン(ワンコ)は数年前に亡くなりました。母と兄でペット葬儀社に連絡してキレイにしてもらいお葬式をしたそうです。

ルビーちゃんはきっと美羽ママさんのご家庭に縁があって来た事、とても幸せだと思います。こんなに優しいママとパパ、そして美羽ちゃんという妹(?)がいるのですものv-343我が家のななも完全に箱入り娘ならぬ箱入り息子です。

えっこ | URL | 2009年01月21日(Wed)01:44 [EDIT]


えっこさん、こんにちわ^^
昔は(今もなのかな?)よく捨て猫や捨て犬を見かけたような気がします。。田舎だったからかなぁ。。?
うちも時々見知らぬ犬が来ててうちのわんこのご飯を食べていたり。。隣の家のわんこが食べていたり(笑)
犬の世界にも色々あったのでしょうかね^^でも最近は放し飼いもなくなって、家でわんこを飼ったりしてわんこ自体もなんか変わっていたような気がしますね。
えっこさんも小さい頃から側に動物がいたのですね^^
ジョンくんはきっと幸せな一生だったでしょうね^^
ルビーも他の人やわんこに迷惑をかけることなく、幸せな一生を送って欲しいなぁと願います^^

美羽ママ | URL | 2009年01月21日(Wed)13:07 [EDIT]


うぅ、、、

泣けますねぇ。。。
犬の恩返し的なお話。。。
ワンコってほんと賢いですよね。
(飼い主によってだと思いますが。飼い主のせいでうちは残念な子になってしまいました(涙))
見てるだけでも癒されますし、まさにアニマルセラピーですよね。

『ムク』私が幼稚園にあがるかあがらないか位のときに飼っていたワンコもムクでした^^
真っ黒で、ムクムクしていたからなのか父の独断と偏見によって決められたらしいですが。
幼かったので記憶にはなく、写真でみただけなのです。
でもかわいかったです^^

ルビーちゃんと美羽ちゃんはほんと幸せですね^^
今日も美羽ママさんの美味しいご飯が食べれるなんて~
って、わたしどんだけ食いしん坊でしょうか。。。

わたしも美羽ママさんを見習っておうちご飯頑張ります!!

たけるママ | URL | 2009年01月21日(Wed)20:10 [EDIT]


たけるママさん、こんばんわ^^
恩返しだったのでしょうかね^^めちゃめちゃ可愛がったというわけでもなく、いつも自由なちょうすけでしたが、最後にきちんと会いに来て「さよなら」を伝えに来たような気がしています。。
たけるママさんのおうちのわんちゃんも「ムクちゃん」だったのですね^^うちも多分毛が多くてむくむくしていたからだと思います(笑)でもわかりやすくて、みんなにすぐ名前を覚えてもらえそうですよね^^
アニマルセラピー、最近ではよく聞くセラピーのひとつですよね^^私も癒されてます♪

美羽ママ | URL | 2009年01月21日(Wed)22:35 [EDIT]